香りノート

vol.21 ムスク(麝香)

最高と称される香料

2022.03.22

名称:麝香(じゃこう)/ムスク(MUSK)
産地:ネパール・インド・チベット(中国)・ロシア


「ムスク」と聞くだけで、なんとなく良い香りをイメージする方は多いのではないでしょうか。
それはごくわずかの量を加えるだけで、香りにコク、幅、温かさ、女性らしさなどを与え、広がりのあるものに変えてしまう不思議な力を持ちます。
麝香(ムスク)は、昔から香料のなかの最高のものとして君臨し、高貴な香料として珍重されてきました。その正体は、麝香鹿(ジャコウジカ)のオスの生殖腺嚢「香嚢」の分泌物から得られる動物性の物質です。
近年は麝香鹿が激減し、ワシントン条約で保護指定されるようになりました。そのため商取引が規制されており、様々な代替香料が用いられています。そのままでは香りが強すぎて不快な刺激臭ですが、1000分の1くらいに薄めると、非常に複雑で、単純な言葉では表現が難しい優美で官能的な香りがします。

リスンのインセンスでは香りに自然の温もりを与え、柔らかく深みのあるものに仕上げてくれます。


香りノートは香りにまつわるあれこれをご紹介する小さなコラム。
香りがみなさんの暮らしに彩りを添えられるように、そんな願いをこめてお届けします。


参考文献:香りの百科事典 丸善株式会社 2005年

*画像はイメージです。

最新の記事

アーカイブ